愛犬に信頼されていますか?犬が見せるサインとは?

By 2018年3月15日

犬は上下関係を大切にする生き物です。
愛犬に、リーダーとして認められることは、飼い主としてとても重要であると言えます。
あなたは愛犬に信頼され、リーダーだと認められていますか?
犬が信頼している相手にしか見せない行動を、あなたはいくつ知っているでしょうか?

犬が信頼している相手・安心しているときにしかとらない行動をいくつか紹介します。
あなたの愛犬は、あなたに対し、これらの行動をとってくれていますか?

顔や口を舐める

これは、子犬が母犬に対して行う行為です。
愛犬が飼い主さんの顔や口を舐めるとき、愛犬は飼い主さんのことを母親のように慕っていると言えるでしょう。

おなかを見せる

おなかを見せたり、仰向けで眠ったりするのは、飼い主さんのことを信頼している証です。
急所であるおなかを見せるということは、飼い主さんのことを信頼し、安心しきっていると言えるのです。

背中・おしりを向ける(くっつける)

このサインは、野生の頃の習性からきていると言われています。
背中やおしりを向けるということは、知らない相手や敵に背中を向けるという危険な行為になるので、信頼している仲間やリーダーにしか行いません。
また、「こっちは僕が見張るから、あなたはそっちを見張ってね」という意味もあると言われています。

寄り添って眠る

もともと野生だった犬にとって、寝ている間は最も襲われやすく危険です。
そんな犬が、寄り添って眠るというのは、安心して身を預けている証拠なのです。
また、わざわざ飼い主のそばにきて、寄り添って眠るということであれば、「このひとのそばでしか安心できない」と強い信頼を抱かれていると言えるでしょう。

頭でコツンとしてくる

愛犬が頭や鼻で顔をコツンとしてくるのも、飼い主さんのことを信頼し、リーダーだと認めている証拠です。

愛犬に信頼される飼い主でありましょう

写真用テキスト